ホーム > 消防 > 消防・救急・防災:地震・災害への備え

消防

地震・災害への備え

家庭の防災会議

大地震のとき、家族があわてずに行動できるように、ふだんから次のようなことを話し合い、それぞれの分担を決めておきましょう。

大地震がきてもあわてずに行動できるように。
  • 家の中でどこが一番安全か
  • 救急医薬品や火気などの点検
  • 幼児や老人の避難はだれが責任をもつのか
  • 避難場所・避難路はどこか・避難するときだれが何を持ち出すか、非常持出袋はどこに置くか
  • 家族間の連絡方法と最終的におちあう場所はどこにするか
  • 昼の場合、夜の場合の家族みんなの分担をはっきり決めておく
  • 通信業者から提供されている、災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板の各種サービスの利用方法についての確認

家具類の転倒(落下)防止とガラスの飛散防止

つっぱり棒、固定金具で安全対策住宅が丈夫であっても、タンスや食器棚、本棚等が倒れることにより、ケガだけでなく、命を落とす危険性もあります。特に、寝室のタンス類や台所の食器棚など背の高い家具は対策が必要です。ホームセンター等で売られている「つっぱり棒」や「固定金具」など、日曜大工レベルで十分な安全対策ができます。

また、寝ているときの身を守る方法として、寝室内の家具の配置を工夫しましょう。


割れたガラスは直接的なケガだけでなく、避難の妨げにもなってしまいます。カーテンを閉めておくことで、ある程度は室内への飛散を防げますが、ガラス飛散防止用のフィルムが効果的です。


食料・飲料水・非常持出品の準備

食料・飲料水・非常持出品の準備が必要です災害が発生すれば近隣のスーパーや店等も同様に被災します。食料や水などの購入は出来なくなり、物流も滞ってしまうことから、支援物資が届くまでは、ある程度時間がかかることを想定してください。
少なくとも3日分の食料や水に加え、市販薬等を各家庭でたくわえておく必要があります。


緊急地震速報

気象庁から発表される地震情報で、地震発生直後のデータから各地での地震の規模や到達時間を予測し、大きな揺れが来る数秒から数十秒前に発表されます。この情報は瞬時にテレビ、ラジオ、専用の受信装置や携帯電話等を通して警報音等が発せられます。
震源の近くでは、情報が間に合わないことや予測震度に誤差が生じる場合もありますが、そのわずかな時間を生かし、自分の身を守り、また地震による被害を減らすことが期待されております。


災害用伝言ダイヤル

NTTから提供される災害用伝言ダイヤルは、大地震等の大きな災害発生時において、安否確認等の電話が集中し、被災地への電話がつながりにくい状況になった場合に利用可能となる。声の伝言板です。

利用方法は、「171」をダイヤルした後、ガイダンスに従って自宅の電話番号等を入力するだけです。詳しくは、NTT東日本のHP【外部リンク】をご覧ください。


お問い合わせ

消防テレフォンサービス消防本部 予防課
〒989-1264
宮城県柴田郡大河原町字新青川1番地1
TEL:0224-52-1050 FAX:0224-52-1056
e-mail:honbufd@az9.or.jp