仙南地域広域行政事務組合について

平成29年度普通会計決算報告

 平成30年10月29日に開かれた第240回仙南地域広域行政事務組合議会定例会において、平成29年度決算が認定されました。

決算規模

 歳入は、前年度と比べ31億875万円減額の46億5,498万円となりました。そのうち分担金及び負担金が75%、使用料及び手数料が11%を占めています。また、歳出は前年度と比べ31億1,419万円減額の45億777万円となっており、そのうち消防費が45%、衛生費が41%を占めています。


区分 平成29年度 平成28年度 増減額
歳入 4,654,981,434円 7,763,728,447円 △3,108,747,013円
歳出 4,507,771,293円 7,621,964,300円 △3,114,193,007円

平成29年度決算概要【PDF/141KB】


平成29年度決算詳細

実質収支

 歳入歳出差引額(形式収支)は、1億4,721万円の黒字であり、この形式収支から翌年度へ繰越しすべき財源359万円を控除した実質収支は1億4,362万円の黒字となりました。


主な事業

 白石・柴田斎苑建替事業(1億3,262万円)、滞納整理事業(5,149万円)、消防施設整備事業(1億5,475万円)、圏域活性化事業(410万円)が平成29年度の主な事業となっています。


白石・柴田斎苑建替事業

 建替事業の業者選定に関わる業務、斎苑建替整備を行いました。


滞納整理事業

 構成市町から376件(3億6,764万円)の悪質・高額滞納案件などを引き受け、差押えや不動産公売により、1億1,739万円を徴収しました。


小型動力ポンプ付水槽車の写真
消防施設整備事業

 消防車両(普通消防ポンプ自動車(角田消防署)、高規格救急自動車(角田消防署丸森出張所)、小型動力ポンプ付水槽車(大河原消防署)、指揮隊車(消防本部))の更新、新規配備するなど、安全・安心を守る圏域づくりに取り組みました。




ジュニアアクターズ公演の写真
圏域活性化事業

 AZ9ジュニア・アクターズ養成・公演事業、社会教育施設を利用できるAZ9パスポート事業などを行い、圏域の未来を担う人材育成を行いました。






PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない方は、
「Adobe Readeダウンロードページ」よりダウンロードしてください。(無料配布)

Adode readerダウンロードページへ



お問い合わせ

企画財政課 企画財政係
〒989-1264 宮城県柴田郡大河原町字新青川1番地1
TEL:0224-52-1320  FAX:0224-52-2660  e-mail:zaisei@az9.or.jp