ホーム > 仙南地域広域行政事務組合について > 個人情報保護制度と利用のご案内

仙南地域広域行政事務組合について

個人情報保護制度と利用のご案内

個人情報保護制度とは、組合が保有する個人情報の開示、訂正等を求める権利を明らかにするとともに、個人情報の取扱いの確保及び個人の権利利益の侵害防止を図るものです。
仙南地域広域行政事務組合個人情報保護条例に基づく個人情報保護制度のご案内です。所定の請求書に必要事項を記入の上、提出していただくことにより個人情報の開示、訂正、是正及び利用停止を求めることができます。なお、この条例において個人情報とは、個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るものをいいます。

対象機関

仙南地域広域行政事務組合 全部局


責務

実施機関
個人情報の保護に関し必要な施策を講じます。職員又は職員であった者は、職務上知り得た個人情報をみだりに知らせたり、不当な目的に使用はいたしません。


事業者
個人情報の保護の重要性を認識し、個人の権利利益を侵害しないよう、適正な取扱いに努めなければいけません。


住民
個人情報の保護の重要性を認識し、自らの個人情報の適正な管理に努めるとともに、他人の個人情報の取扱い当たっては、他人の権利利益を侵害することのないように努めなければなりません。


実施機関における個人情報の保護の取扱

1 個人情報取扱事務の登録及び閲覧
個人情報を取り扱う事務であって、個人の氏名、生年月日、記号その他の符号等により当該個人を検索し得る状態で個人情報が記録された公文書を使用するものについては登録簿を作成し、一般の閲覧に供します。


2 収集の制限
実施機関が個人情報の収集を行う際は、あらかじめ当該個人情報を取り扱う目的を明らかにし、当該目的達成のために必要な範囲で、適法かつ公正な手段により収集します。また、収集は本人から直接行いますが、条例による定めに該当する場合はこの限りではありません。
思想、信条又は信教に関する個人情報及び社会的差別の原因となるおそれのある個人情報の収集は行いません。条例による定めに該当する場合はこの限りではありません。


3 利用及び提供の制限
個人情報を取り扱う目的以外の目的においては個人情報の利用、提供は行いません。また、個人情報を電子計算機を使用して処理する場合においては、公益上の必要があり、かつ、個人の権利利益の侵害を防止するための措置が講じられている場合を除きオンライン結合により情報を提供しません。
条例による定めに該当する場合はこの限りではありません。


4 管理
個人情報の漏えい、滅失及びき損の防止等適切な管理のために必要な措置を講じます。また、事務の目的を達成するために必要な範囲内で、情報を正確なものに保つよう努めます。さらに、保有の必要がなくなった情報については確実かつ、速やかに廃棄又は消去の措置を講じます。


5 委託に伴う措置等
個人情報を取り扱う事務を実施機関以外のものに委託する場合は、適正な管理に関する契約上の定め等必要な措置を講じ、事務の委託を受けたものについても情報の保護について措置を講じます。また、委託を受けた事務に従事している者又は従事していた者は、事務に関して知り得た情報をみだりに他人に知らせたり、不当な目的に使用しません。


請求、申出の種類

(1)開示請求
どなたでも、実施機関に対し、個人情報を取り扱う事務(職員又は職員であった者に係る人事、給与、福利厚生等に関する事務以外)に係る公文書に記録されている自己を本人とする情報の開示を行えます。また、請求は法定代理人により行うことができます。


■ 開示することができない個人情報

1 法令等の定めるところにより開示することができないとされている情報
2 個人の評価、指導等に関する情報であり、事務事業の適性な執行に支障が生ずるおそれのある情報
3 開示請求をした者以外の個人に関することが含まれている情報
4 法人等に関する情報又は個人が営む事業に関する情報が含まれている場合であり、開示により、正当な利益を損なうおそれのある情報
5 組合と構成市町その他の自治体との間における協議等によって取得した個人情報で、開示にあたり信頼関係が損なわれる情報
6 人の生命、身体又は財産の保護等その他の公共の安全及び秩序の維持に支障が生ずる情報
7 組合機関と構成市町等の機関との間における審議、研究等に関することで開示にあたり事務事業に支障が生じるおそれがある情報
8 組合又は構成市町等の機関が行う調査、検査等に関することで開示にあたり事務事業に支障が生じるおそれがある情報


■ 請求の手続
開示請求書【PDF/96KB】に必要事項を記入の上、担当課まで提出していただきます。(※原則窓口持参となります。)
請求の際は、本人又はその代理人であるか確認をさせていただきます。


■ 開示・不開示の決定
開示請求書の提出があった日の翌日から起算して14日以内に全部・部分の開示又は開示しない旨の決定を行います。やむを得ない理由がある場合は決定を延長することもあります。
決定等をしたときは、書面により通知します。


■ 開示の実施
閲覧又は写しの交付等については、通知した日時、場所で行います。実施の際は決定通知書をお持ちください。


※公文書開示に係る手数料は無料になります。ただし、公文書の写しの交付を受ける方は、当該写しの交付に要する費用を負担していただくようになります。


(2)訂正請求

どなたでも、実施機関に対し、開示を受けた自己に関する個人情報に事実の誤りがあると思う場合は、訂正を行えます。また、請求は法定代理人により行うことができます。


■ 請求の手続
訂正請求書【PDF/97KB】に必要事項を記入の上、担当課まで提出していただきます。(※原則窓口持参となります。)
請求の際は、訂正の内容が事実と合致する証明の提示をしていただきます。
本人又はその代理人であるか確認をさせていただきます。


■ 訂正・不訂正の決定
 訂正請求書の提出があった日の翌日から起算して14日以内に個人情報を訂正するかどうかの決定を行います。やむを得ない理由がある場合は決定を延長することもあります。
決定等をしたときは、書面により通知します。


(3)是正申出

どなたでも、実施機関に対し、自己に関する個人情報の取扱いが不適正であると思う場合は、是正を行えます。


■ 請求の手続
是正申出書【PDF/94KB】に必要事項を記入の上、担当課まで提出していただきます。(※原則窓口持参となります。)


■ 是正・不是正の決定
必要な調査を行い、仙南地域広域行政事務組合情報公開・個人情報保護審査会を行った上で、申出をした方に是正するかどうかを書面により通知します。


(4)利用停止請求

どなたでも、実施機関に対し、自己に関する個人情報が条例に定めるものに反し、収集、利用、提供されている場合は停止又は消去できます。


■ 請求の手続
利用停止請求書【PDF/100KB】に必要事項を記入の上、担当課まで提出していただきます。(※原則窓口持参となります。)
請求の際は、本人又はその代理人であるか確認をさせていただきます。


■ 停止・不停止の決定
利用停止請求書の提出があった日の翌日から起算して14日以内に個人情報を利用停止するかどうかの決定を行います。やむを得ない理由がある場合は決定を延長することもあります。決定等をしたときは、書面により通知します。


不服申立てを行う場合

開示、訂正、是正、利用停止の決定において不服がある場合は、行政不服審査法に基づき、処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内の期間で不服申立てが行えます。申立てがあった場合、仙南地域広域行政事務組合情報公開・個人情報保護審査会に諮問を行い速やかに決定を行います。


例規集

◎ 仙南地域広域行政事務組合個人情報保護条例
◎ 仙南地域広域行政事務組合個人情報保護条例施行規則


請求書の様式(ダウンロード)

◎ 個人情報開示請求書【PDF/134KB】
◎ 個人情報訂正請求書【PDF/132KB】
◎ 個人情報取扱是正申出書【PDF/131KB】
◎ 個人情報利用停止請求書【PDF/138KB】


その他

職員採用試験の結果については別の方法により開示請求を行うことができますので、詳細については総務課までお問い合わせ下さい。
(※開示については口頭又は閲覧によって行い、写しの交付は行いません。)

 

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない方は、
「Adobe Readeダウンロードページ」よりダウンロードしてください。(無料配布)

Adode readerダウンロードページへ



総務課
〒989-1264 宮城県柴田郡大河原町字新青川1番地1
TEL:0224-52-2628  FAX:0224-52-2660  e-mail:soumuka@az9.or.jp